知識

[簡単に説明します]シャンパンとスパークリングワインの違いとは?|国によって呼び名も違う

KEN
バーテンダーをしているKENです

 

「お祝いの時にはシャンパンで乾杯!」「オシャレなフレンチを食べるならスパークリングワイン。」と思う事ありますよね?

たまに職場でも質問されるのですが、シャンパンとスパークリングワインって何が違うの?

この疑問に簡単に説明できるように答えていきます。

 

スポンサーリンク
 

シャンパンとスパークリングワインの違い

ポイント

・フランスのシャンパーニュ地方で造られていること。

・シャンパン作りの法律に沿って造られていること。

🙂

この条件を2つとも満たしているかどうか。

簡単に言うとこれだけです。

シャンパン

フランスのワインの法律(AOC法:原産地呼称管理法)に規定された条件を満たしている事シャンパーニュ地方で造られている事がシャンパンと呼べる条件。

造り方が全く同じでも、場所が違えば全てスパークリングワインです。

使うブドウの品種も決められています。

シャンパンで使われるブドウの品種

黒ブドウ

・ピノ・ワール

・ムニエ

白ブドウ

・シャルドネ

・ピノ・グリ

・プティ・メリエ

・ピノ・ブラン

・アルバンヌ

 

スパークリングワイン

一般的には3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称。

ガス気圧が1~2.5気圧のワインはセミスパークリングワイン(弱発泡性ワイン)と呼ばれ、1気圧未満の場合、微発砲と呼ばれスパークリングワインとは言われません。

国別呼び名

国によってスパークリングワインの呼び名が違うので、その呼び名と有名な銘柄を一緒にまとめました。

スパークリングワイン 代表的な種類
フランス クレマン、ヴァン・ムスー シャンパン
イタリア スプマンテ フランチャコルタ
スペイン エスプモーソ カヴァ
ドイツ シャウムヴァイン ゼクト

まとめ

この記事では、誰かに聞かれて簡単に説明できるようにシャンパンとスパークリングワインの違いについて書いたものです。

こういうちょっとした知識でも知っていれば、友人や恋人などと外食をした時に「違いは何?」と聞かれた時やフレンチでは「シャンパンを」イタリアンでは「スプマンテを」みたいに使い分けるととてもスマートでカッコよくその日を演出できるのではないでしょうか。

おすすめ記事

なぜ缶チューハイに炭酸が入っているのか?本当のカシオレは炭酸なし

生ビールと瓶ビールと缶ビールの違いは?瓶も缶も実は生ビール

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

またのご来店、心よりお待ちしております 🙂

 

 

スポンサーリンク

-知識

Copyright© テンダーブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.